うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > 蟹は、あばれる君! 【松葉ガニ解禁まで あと31日】

蟹は、あばれる君! 【松葉ガニ解禁まで あと31日】

2018年10月06日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

蟹は、茹でる場合には、雄の松葉ガニ 雌のセコ蟹でも、必ず、上に重しして茹で上げます。

重しをする理由は、ぶくぶく出て来る泡のお陰で、蟹が釜の中を動き回るのを防ぐ為。

横を向いたり、下を向いたり、上を向いたり、動き回ると茹で加減も安定せず、特に雄の松葉ガニは、味噌が腹の中を回り、見栄えも悪くなります。

重しをしない場合は、かなりのあばれる君なのです!

 

重しをする前にも、出来るだけぎっしりと動かないようにならべて行きます。

分かりにくいかも知れませんが、大きさが異なる場合は、重しを二重にするなど、その度に工夫が必要しています。大きさが違うと茹で時間も違う為でもあります。

 

茹でる前の画像を見ているだけで、良い蟹を選んでいるのが分かります(笑)

【松葉ガニ解禁まで あと31日】

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です