うおけんブログ
ホーム > 未分類 > 蟹は、仰向け! 【松葉ガニ解禁まで あと30日】

蟹は、仰向け! 【松葉ガニ解禁まで あと30日】

2018年10月07日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

早くも 松葉ガニ解禁まで あと30日 一ヶ月となりました!

残り 30連発になりました^^

店頭に並べる時は、一般というか他店舗では、甲羅を上にして並べますが、

当店では、氷を引き詰め、甲羅を下に 仰向けの状態で、必ず並べます。

それは何故かというと、味噌や水分が垂れ下がり、見た目も悪くなり、品物が悪くなるのを防ぐ為と、蟹の善し悪しを一目で分かっていただく為。

甲羅の赤い方を上にしたら、見ただけでは、良いか悪いか、私でも分からないのに、一般のお客さんに分かる筈がありません。

茹でた蟹は、お腹を見ていただくのが一番。

一目瞭然で分かっていただけます。

他にも、特撰や、訳ありの札を付け、更に訳ありには、脚落ち、傷、短足など、どのような訳ありかも書いています。

 

もちろん セコ蟹も同様にお腹を上に、仰向け。

発送の梱包も言うまでもありません!

このように、茹でガニは、甲羅を上にすると朱色が冴え、見栄えよく、売れ行きも良いのですが、品質の事を考えれば、当然 仰向けになります。

仰向けの反対語は、俯せになるのですが、俯せと言ったら、何かニュアンスが違うような。。。この場合は、上向けの方が合いますね。 なら、上向けの反対は、下向け。 仰向けは、下向け?

蟹語は、いろいろ表現がありすぎて 言葉の勉強にもなります(笑)

【松葉ガニ解禁まで あと30日】

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!
トップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です