うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > 縛って ごめんなさい! 【松葉ガニ解禁まで あと27日】

縛って ごめんなさい! 【松葉ガニ解禁まで あと27日】

2018年10月10日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

これは、真上から。松葉ガニの顔は、正面から見ると かなりの男前です(笑)

今日は、顔の話ではなく、活け松葉ガニの梱包 荷姿です。

活け松葉ガニを発送する歳は、必ずゴムバンドで脚を縛ってから、箱に入れ 梱包しています。

理由は、蟹が動き回ると、体力を失い、弱りが早くなるので、それを遅らす為。と脚が外れないようにする為。

原理とすれば、車エビが箱におが屑に入れられてくるのと同じです。体力の消耗を防ぐのが一番の目的です。

蟹は、有り難い事に水が無くても、温度帯さえ低ければ(0~3℃)は、1~2日程度活きた状態でいます。

少しでも、良い状態が長持ちするようにと、蟹さんには、不便かけますが縛らさせていただいております。

海水から取り出し、空気の中で生息するのですから、環境の変化について行けず、弱る蟹も中にはいますが、それは、悪しからず。

ちなみに、泡を吹く蟹を見たことがあるかと思いますが、あれは、酸素不足。酸素を頂戴と言っている状態です。

【松葉ガニ解禁まで あと27日】

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です