うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > 訳ありも、いろいろありまして! 【松葉ガニ解禁まで あと26日】

訳ありも、いろいろありまして! 【松葉ガニ解禁まで あと26日】

2018年10月11日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

これは、浅茂川港 大善丸さんの蟹を選別した後に、並べる時に付ける蟹の札。

松葉ガニは、一見同じように見えますが、それは、大間違い。

当店では、単純に特撰(脚揃い)と 訳ありお徳用の2タイプで販売していますが、お徳用は、実に様々なタイプがあります。

見た目で 脚が足りない物、短い物、色が黒かったり、赤かったり、白買ったり、傷がある物、甲がへこんでいる物。

触ってみて 甲羅の堅さの違い。

それぞれに いろいろな段階があり、同じ物は、全く無いといっても過言で無いと思います。

 

 

左から、ヤケ、脚落ち、短足。

ヤケとは、蟹の色目の事。 ヤケでも 大ヤケ 中ヤケ 小ヤケに、赤っぽいとか、他にもいろいろ。 脱皮してからの経過や、生まれ持った色など、原因もいろいろ。 人間でも 私みたいに黒っぽい人もいれば、白っぽい人もいる事と同じ事。

真ん中 脚落ちは、一番分かり易いと思いますが、これは海の中で何らかの原因で取れたり、自切して切り離した訳ですが、中には、数本しか残っていないかにも。

これがそうですが、よく生きていたと思えるほど。蟹さんも頑張って生きています。

上の右端もそうですが、こちらの方が分かりやすいので、こちらで説明。

これは俗に短足(たんそく)と呼ばれ、本来は、もう少し脚が長いのが普通ですが、カニは、取れた脚を再生する能力があるので、もう一度はえてきます。

しかし、成長した時間が違うので、このように長さが違うという訳です。

訳ありについては、まだまだいろいろあるので、次回に続きます。

【松葉ガニ解禁まで あと26日】

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です