うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > カニは、ご飯との相性抜群なのです! 【松葉ガニ解禁まで あと8日】

カニは、ご飯との相性抜群なのです! 【松葉ガニ解禁まで あと8日】

2018年10月29日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

カニは、基本 茹でカニ。 活け(生)の場合は、お刺身、焼きガニ、鍋、雑炊といった所が、基本の食べ方になります。

私は、完全な茹で派で、茹でカニこそが、カニの王道と思っています(^^)

家で食べるセコ蟹の鍋が評判よかったので、お薦めの食べ方をご紹介。

画像は、雄の身に、セコ蟹の、味噌、内子、外子を盛り込んだ 超豪華なカニの親子丼ですが、セコ蟹だけでも充分です。

カニは、ご飯との相性も抜群で、これを食べると 日本人で良かったと思う瞬間です(^^)

作り方は、超簡単。ほぐした身を 熱々ご飯に乗せて、タレを少し垂らすだけ。身もほぐれて、最高の丼に。

人気の セコ蟹 蟹の宝船や、新しく命名した 松葉ガニの甲羅盛り 蟹の漢船(おとこぶね)や、夫婦宝船を利用いただければ、誰でも簡単に一流料亭以上の味が楽しんでいただけます。

そういえば、友人知人にも評判が良かったので、そのままネーミングした 松葉ガニ×セコ蟹 夫婦丼セットもありました(^^)

タレも付属のタレを垂らしていただければ、OK。 カニスキの出汁を特別に小型のペットにしてもらいました。この出汁かなりの優れもので、いろいろな料理にもお使いいただけます。

丼は、是非、1度 お試し下さい!

書いている間に ヨダレが出て来ました(笑)

【松葉ガニ解禁まで あと8日】

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です