うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > 海岸部と沖合は、大違い! 【松葉ガニ解禁まで あと7日】

海岸部と沖合は、大違い! 【松葉ガニ解禁まで あと7日】

2018年10月30日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

いよいよ あと 一週間となりました。来週の火曜日は、初セリが行われます!

今日は、海岸部も風が吹き 波も高く荒れていて、こんな日は、蟹漁も 小型の船では出来ない事は、すぐ理解出来るのですが、

たまに、海岸部では、晴れて しかも 波もほとんど無い場合でも、沖合では、風が吹き、波も高く 漁が出来ない事がしばしあります。

そんな事を予想しながらでも 漁師さんも漁場まで向かうことがありますが、網入れも出来ず、手ぶらで帰港する事もあります。

そんな時には、なんで漁が出来ないのと尋ねると 船を貸してあげるから見てきなさいと 漁師さんに言われます。

免許も無いし、操縦も出来ないので、信じるしかありませんが(笑)

それだけ、沖合の漁場は、陸とは、様相が違うという事です。

よく考えてみれば、陸でも、山に向かって 20K 30Kと車で走れば、スキー場になるように、海でもそれだけ走れば 気象条件が違って当たり前。

ちなみに、一つの目安として

波の高さ 1m50cmまでは、小型 20トンの船でも大丈夫

2m位までは、中型 40トン

3m位までは、 大型 70トン以上の船なら操業可能です。

もちろんこれには、風向き 強さ 波の向き、質 回復に向かうのか、悪くなる方なのか、様々な気象条件が重なり合いますが、ひとつの判断材料にはなると思います。

船底の下は、地獄。 無理は出来ないのは、当たり前。

事故のないようにお祈りします!

【松葉ガニ解禁まで あと7日】

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です