うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > 当初は、セコ蟹 狙い!【松葉ガニ解禁まで あと2日】

当初は、セコ蟹 狙い!【松葉ガニ解禁まで あと2日】

2018年11月04日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

解禁が迫って ざわざわの日々です。

早い物で、明日の夜には、出港となりました。 天候も まず大丈夫そうなので、初日から、漁がありそうです。

松葉ガニ 解禁と言っても ほとんどの船が当初は、雌のセコ蟹狙いで 網入れします。

セコ蟹と 雄の松葉ガニでは、群れになって住んでいる水深が違うので、網を入れる場所も 自ずと違ってきます。

何故 安いセコ蟹を狙うのかというと、数が獲れる為、水揚げ金額が 雄の松葉ガニを狙うより、高い為です。

多いときでは、一晩で4000匹以上の時も。セコ蟹だけでも、数百万円の水揚げになり、まさにドル箱です(^^)

蟹の数が500円玉の感覚でしょうか? 足していけば、かなりの数になるのがお分かりいただけると思います(笑)

ちなみに、雄の松葉ガニも少しは獲れますが、小ぶり中心。 大きなサイズは、やはり 水深の深い 雄場にいかないと中々入りません。

※ 雄がたくさん住んでいる 水深300~400mは、雄場 または、たて場と呼び、 雌のセコ蟹が住んでいる 水深220~250mは、セコ場と呼んでいます。

安いといっても、一匹 数百円は必ずするので、大きさ、脚の有る無し、色艶など、大変な作業ですが、船員 家族、お手伝いの人 総出で細かに分けて、選別します。

そろそろ、ヨダレが出て来そうですね!(笑)

【松葉ガニ解禁まで あと2日】

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です