うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム 蟹の知識編 魚政トピックス > 【松葉ガニ 解禁まで 残り25日】 カニ漁は、荒れ模様との闘い!

【松葉ガニ 解禁まで 残り25日】 カニ漁は、荒れ模様との闘い!

2019年10月12日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

台風19号の影響で、朝から荒れ模様の海。午後からは、もっと酷い状況になる見込みです。

さすがに台風並の荒れ模様では、漁をする事が出来ませんが、 そこそこ酷い荒れ模様でも カニ漁は行われます。

冬の日本海は、大なり小なりの荒れ模様の日々が続きます。特に12月から2月中旬までは、きついです。

そんな日々の中、天候の隙を見て、波が落ちれば、直ぐさま漁に向かいます。

漁が行える一つの目安として波の高さがあります。

底引網船の中でも 小型船(20トン)クラスの船は、天気予報でいう 波の高さ1~1m50cm位迄。

中型船(40~50トン)なら、2~2m50cm位迄。

大型船(70~100トン)なら、3~3m50cm位迄。

この高さが 一つの目安となります。

この波の高さ位なら漁が行われている可能性が高いです。

他にも風向き 風の強さに、潮の流れ、波が落ちる方向 高くなる方向など、いろいろな要素が加味しますので、一概に言えませんが、一般の人が目安とすれば、こんな所と思います。

もちろん 沿岸部と沖合では、気象条件が異なるので、あてはまらない場合も多々あります。

出港して現場まで向かっても 網入れせずに帰港する事もしばしば。 それだけ、カニ漁は、厳しい自然条件の中で行われています。

漁師さんにとっては、ガニは、ガネ。 高い報酬がないと、危険な目までして、漁に出ないのも分かります。 私は、高い報酬をいただいても とても無理ですが(笑)

【松葉ガニ 解禁まで 残り25日】

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年生まれ。松葉ガニ専門店  京都丹後 海鮮の匠 魚政の司令塔。 こだわり派向けの良品から、簡単に食べられる加工商品も開発し、幅広く取り扱い。蟹の他にも、海産物を通じて 地域発信! プロ アマ問わず 全国の本物志向のお客様に提供しています! 趣味は、美味しい魚や蟹を食べる事(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です