うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム 蟹の知識編 魚政トピックス > 【松葉ガニ 解禁まで 残り19日】 オリジナルブランドを構築しなければ!

【松葉ガニ 解禁まで 残り19日】 オリジナルブランドを構築しなければ!

2019年10月19日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

解禁まで 20日を切りました。

日にちは迫っているのに、まだ バイトが決まらず 弱っています。

男性 女性 年齢関係無く 募集しています。

仕事内容もいろいろな分野があるので、先ずは、お声かけ下さい!

 

さて、昨日の本など読んでいると、やはり店のオリジナルのブランドが必要不可欠だと感じました。

カニについているタグは、所詮 単なる飾り物。産地証明に過ぎず、それで納得してもらえれば 大丈夫と言えば大丈夫なのですが、それでは、こちらが納得出来ません。

タグだけを見るのか、その中の品質を見るのか そもそも 当初から、物の見方が違う訳です。

しかし、それを分かりやすく説明するのも大切な事柄。

こちらが、ここに こだわっていますよとか、違いますよと言っても あまり知らない人は、判断材料が無い訳ですから。

茹でガニには、数年前から 品質を証明する 出荷シールを付けているのですが、

これをもっと もっと分かりやすくする必要性が有りますね。

今シーズンは、ここも踏まえて バージョンアップしていかなければ!

【松葉ガニ 解禁まで 残り19日】

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年生まれ。松葉ガニ専門店  京都丹後 海鮮の匠 魚政の司令塔。 こだわり派向けの良品から、簡単に食べられる加工商品も開発し、幅広く取り扱い。蟹の他にも、海産物を通じて 地域発信! プロ アマ問わず 全国の本物志向のお客様に提供しています! 趣味は、美味しい魚や蟹を食べる事(笑)