うおけんブログ
ホーム > 商品のご紹介 商品更新情報 魚政からのお知らせ > 新商品 カニ屋が作る ローストフィッシュ シビマグロ

新商品 カニ屋が作る ローストフィッシュ シビマグロ

2022年05月29日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

カニ屋が作る 海シーリズに 新たに ローストフィッシュが加わりました。

今回 使用する魚は、冬に水揚げされる シビマグロ。 シビマグロとは、マグロの養魚。 幼魚といっても 重さ 10~20Kほどあるので、ほぼ 天然ブリと同じ大きさなので、身は確り、脂の乗りも上々。

個人的には、大きなマグロより 冬に獲れる このシビマグロの方が好みです。

ドレッシングソースも、1袋200gの割合に一つ付属しています。

ドレッシングでもなく、ソースでもないので、ドレッシングソースと命名。

このソースが、ローストフィッシュの味を更に引き立ててくれます。

ローストビーフ丼ならぬ、ローストフィッシュ丼もお薦め。

シビマグロに塩、胡椒で味付けし 表面を焼き

スチームコンベクションで じっくり低温で加熱していきます。

シビマグロ これが更に大きくなったのが、本マグロ クロマグロと呼ばれるようになります。

マグロだから 元は、もちろん赤身。 赤身だけど 確りと脂が乗っています。

この丹後沖には、年に2度ほど 回遊してきますが、一度は、初夏。 もう一度は、1月から2月にかけての冬。

回遊魚は、水揚げの時期が大切。 見た目は一緒でも 時期により全くの別物。

使用するのは、もちろん 冬場に獲れた物 限定です。

ビーフローストと明らかな違いは、口当たり。 柔らかだけではない 魚特有の食感。 感覚的に 牛シャブと、ブリシャブの違いと言えばいいのか?

看板商品に成るかも知れない 可能性を秘めています。

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年生まれ。松葉ガニ専門店  京都丹後 海鮮の匠 魚政の司令塔。 こだわり派向けの良品から、簡単に食べられる加工商品も開発し、幅広く取り扱い。蟹の他にも、海産物を通じて 地域発信! プロ アマ問わず 全国の本物志向のお客様に提供しています! 趣味は、美味しい魚や蟹を食べる事(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


閲覧履歴