うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政からのお知らせ > 松葉ガニに付いている タグは信用できるの?【松葉ガニ解禁まで あと48日】

松葉ガニに付いている タグは信用できるの?【松葉ガニ解禁まで あと48日】

2018年09月19日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

10数年前より 福井県の越前ガニから始まり、今では、日本海側で水揚げされる ほとんどのズワイガニには、タグが付けられるようになりました。

ズワイガニは、福井県では、越前ガニ。石川県では加能ガニ。山陰(丹後、但馬、鳥取)では、松葉ガニ。 厄介な事に、松葉ガニは、更に漁港別に 間人ガニ 津居山ガニ、柴山ガニなど。 同じ蟹なのに 呼び名が違います。

このブログでは ややこしいので、松葉ガニとして説明させていただきます。

さて、タグの話ですが、

タグが付いているのは、信用できるのかといえば、半分は当たり。半分は、そうとも言えない 中途半名なお答えしか出来ません。

確かに 産物として分かりやすくて良いのかもしれませんが、私達が望むのは、その先。 蟹そのものが確りしている事。

よく 選別が確りしているから、この港の蟹は、美味しいよ!とか、テレビなので放映されていますが、

実際には、選別して、上ランクの蟹にも 中ランクの蟹にも、ましてや、下ランクの蟹にも、時には、これには、止めてと思う程の蟹にも、ほぼ全てに蟹に同じタグが付いています。

これでは、タグの意味があまり無いのではと、前々から思っているので、タグは、単なる産地証明だけですよと言っています。

 

以下、HPより抜粋

ブランドタグは、美味しさや身詰まりの基準ではない

数年前より、水揚げ港のブランド化と偽装を防ぐ為、堅ガニとも呼ばれる松葉ガニには、タグが付けられるようになりましたが、一般的に、品質を保証されているように書かれていますが、正直、基準が曖昧で、タグが付いているからといって、すべてが良い蟹ばかりではありません。
魚政からお届けする松葉ガニには、産地証明として、水揚げ港 船名の付いたタグが必ず付いています。
茹で松葉ガニには、品質証明として、魚政の出荷ラベルをお腹に付けてお届けさせていただきます。タグの色の違いで、味、品質の違いは御座いませんので、ご安心ください。

魚政の松葉ガニ
ブランド名称 地域・漁港 タグ色
松葉ガニ 間人ガニ 京都府京丹後市(間人漁港)
大善ガニ 京都府京丹後市(網野 浅茂川港)
津居山ガニ 兵庫県(津居山港)
浜坂ガニ 兵庫県(浜坂港)
柴山ガニ 兵庫県(柴山港) ピンク

※松葉ガニの解禁まで あと48日

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です