うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > 奇跡の組み合わせが生んだ 松葉ガニ漁場! 【松葉ガニ解禁まで あと40日】

奇跡の組み合わせが生んだ 松葉ガニ漁場! 【松葉ガニ解禁まで あと40日】

2018年09月27日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

何とか 10日連続続きました(笑)

松葉ガニが何故 この沖合に住んでいるのか? 何故 脚が長いのか? この数日のブログを読んでいただけると分かると思います。

たまたま土壌の良さと水温が、重なりあった海域がこの山陰沖なのです。

世界の中でも、松葉ガニにとって、これだけ恵まれた環境は、他には無く、まさしく この山陰沖は奇跡の漁場といっても過言は無いと思います。

蟹は、陸や漁港で獲れる物では無く、まして海に区切りも違いも無いのに、あたかも違いが有るような表現で、何県産とか、どこの港産とかは、正直 どうでもいい話で、良い悪いに、違いが有るのは、個体差だけ。

もちろん 何処の港でも それぞれに愛着はあると思いますし、それはそれで良い事です。間人の人は間人ガニ。津居山の人は、津居山ガニ。が一番と思っている筈で、それは当たり前の事。私も 個人的には、前浜の 大善丸が獲った蟹に一番あります。

でも、それは愛着として表現して欲しいだけで、争いと言ったら変かも分かりませんが、下手な争いをせず、逆に皆さん協力して、この地域一帯となって前面には、この漁場の良さをアピールすべきと思います。実際に、何処もがこの恩恵を受けているのですから!

松葉ガニの解禁まで あと40日

 

 

お客さんに、簡単に説明できるように作った 魚政店内の看板

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です