うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > ズワイガニの水揚げ量 日本一 兵庫県なのです!【松葉ガニ解禁まで あと39日】

ズワイガニの水揚げ量 日本一 兵庫県なのです!【松葉ガニ解禁まで あと39日】

2018年09月28日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

画像 農林水産省「海面漁業生産統計調査」 平成24年より

これは、都道府県別の水揚げ量の調査表です。新しい表を探していましたが、見つかりませんでした。しかし当時と数字的にはあまり変わりませんの参考にして下さい。

見ての通り、ズワイガニの水揚げ量日本一は兵庫県。すなわち但馬産です。

瀬戸内にも面していて、魚などの、統計的には、合算するわけですが、ズワイガニは、日本海側しか獲れないので、すべて但馬産となります。

兵庫、京都というより、但馬 丹後と言った方がしっくりくるので、但馬 丹後でこういう場合は表現します。

比べてもらうと分かりますが、残念ながら、丹後の水揚げは、但馬の1/15程度しかありません。

その訳は、

但馬には、津居山 柴山 香住 浜坂(諸寄港含む)で 約50隻。

丹後は、京丹後、舞鶴で、11隻。

船の数は、1/5ですが、船の大きさが全く違います。

車に例えるなら、丹後は全て軽トラック。但馬は、中型トラックと大型トラック。

軽10台と、トラック50台では、出来る仕事量に違いが出るのは、当たり前の事。

という事で、全く水揚げ量が違うわけです。

冬場の日本海は、荒れ模様の日が多く、特に12~2月かけては、小さな船では中々出港する事も出来ず、特に違いがでてきます。

もちろん漁獲量に比例して良い蟹もたくさんあります。

よって 店で扱うカニも、必然的に90%位は、但馬産になります。

但馬の船籍の存在がなければ 観光含む カニ産業は成り立ちませんね!

【松葉ガニ解禁まで あと39日】

 

 

 

 

 

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です