うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > 悲しき蟹の性?? 【松葉ガニ解禁まで あと20日】

悲しき蟹の性?? 【松葉ガニ解禁まで あと20日】

2018年10月17日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

セコ蟹のお腹の中です。

①は、受精嚢と呼ばれる いわゆる精子の袋

②は、皆さんご存じの内子。 これが、卵巣

③は、外子で、これが受精卵。(受精卵で良いのかな?)

簡単にいえば、体内で精子と卵子が受精して、外子になって腹節と呼ばれる腹の中に孵化、放卵するまで、守られ育ちます。

外子の卵が、内子。つまり、内子は、卵の卵という訳です。

こういう観点は、あまり知られていないと思います。

今度 セコ蟹を食べられる時は、甲羅を外していただければ、白い袋状の受精嚢が確認出来ると思います。 フグと違い あまり美味しくはありませんが、食べられますよ(笑) 食べられないのは、ふんどしと呼ばれる エラだけです。

最終脱皮を終えた セコ蟹は、交尾して 生涯 5~6回 産卵し、その度に交尾する訳ではなくて、蓄えた精子を少しづつ使用して、産卵します。

当初は、交尾は、一回だけと言われた時期もありましたが、研究が進むにつれて数回 交尾をしている蟹もあるようです。

1回の交尾だけで、数年精子を蓄え、自ら産卵する機能を持つとは、それだけ 海底で雄と雌が出会える可能性が少なく、そのような生態になっていたものと考えられています。 何かしら必然性の理由があります。

でも、蟹さんも 1度交尾したら、数年会わなくても大丈夫とは、悲しい性の活き物ですね(笑)

【松葉ガニ解禁まで あと20日】

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です