うおけんブログ
ホーム > 蟹の知識編 魚政トピックス > 蟹を いかすも、ころすも塩次第!【松葉ガニ解禁まで あと11日】

蟹を いかすも、ころすも塩次第!【松葉ガニ解禁まで あと11日】

2018年10月26日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

解禁まで、あと11日と差し詰まってきました!

蟹の味といえば、塩味だけ。

シンプルですが、シンプルだからこそ、塩の味だけで、表現をしなくてはいけないので、そこが一番難しい所です。

塩がないと、蟹なんて水くさいだけ。 入れすぎると塩辛くて食べられない。

蟹の甘みや持ち味を引き出すには、絶対に必要な物。

なめたら、塩辛いだけなのに、食材が甘くなる美味しくなる不思議な物。

それが、塩。

店では、あと口もいいし、味に奥行きもあるので、高くても 地元産の 天然物を使います。 海水を煮詰めて煮詰めて作った物。もう30年近く使用しています。

当たり前ですが、蟹が育った母なる海の塩が、一番に合います。

蟹ゆで職人は、釜毎に 入念に 塩分計と、口で、Wチェック。

魚政の 蟹は、確りと味付けしているので、二杯酢 三杯酢は、必要ありません。

逆に 味を酢の味で殺すだけなので、付けないで欲しい。

そのままの味で、食べていただきたいです。

きっと 食べた後 丹後の海の余韻が口の中に広がりますよ!

あと 10日ほどで、食べられる(笑)

【松葉ガニ解禁まで あと11日】

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年 京都府網野町(現 京丹後市)生まれ。 26歳より家業の魚政に従事し、現在に至る。 京都市内で魚屋修行の経験もあり、全国各地の魚を知る事で、改めて丹後の魚や蟹の美味しさや、土地と海の良さを再認識。 趣味は、旨い魚を買う事 売る事 食べる事。 生涯現役を目指し、日々奮闘中!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です