うおけんブログ
ホーム > うおけん流お魚コラム 蟹の知識編 魚政トピックス > 【松葉ガニ 解禁まで 残り15日】 大きな物から、小さな物まで、人間と一緒の割合?

【松葉ガニ 解禁まで 残り15日】 大きな物から、小さな物まで、人間と一緒の割合?

2019年10月23日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

これは、雌のセコ蟹。 小ぶりなセコ蟹は、どれも小さく見えますが、 詳細にわけると、かなり大きさに違いがあります。

どれも 人間でいうなら成人しているカニで、最終脱皮を終えているので、これ以上大きくなる事はなく、数回の産卵を経て、寿命を迎えます。

どれもこれも 同じ大きさになる訳ではなく、ある意味 人間と一緒で、身長150の人もいれば 160 180 200cmの人もいるのと一緒です。

大方 目方(数字は、グラム数)で、150gまでが半分をしめ、それ以上 大きな物は、大きくなるにつれ 少なくなり、大きさだけの割合以上に高くなるわけです。

人間でいうと 女性なら 150~160cmの人が多いと思うので、そんな感じと理解ください。

また、よく聞かれる事が、どのサイズが良いですか?と言うことですが、これが叉 難しく 例えば、250g級のセコ蟹なら 1匹で、3000円とすると 小さなセコ蟹140g級なら500~600円として 同じ予算で5~6匹食べられる勘定になるので、確かにおおきなサイズの方が旨く感じるので、数値的に味に明確な違いはないので、何とも言えませんが、これが悩む所と思います。  目方だけなら 250g対700gが同じ価格になるのですから。

もうお客さんに判断してもらうしか無いのが実状です。 商売的には、大きなサイズをたくさん買ってもらうのが1番ですが(笑)

早く セコ蟹が食べたくなって来ましたね(笑)

 

 

これは、メージャーをおいて 長さ(幅)の違いですね。

【松葉ガニ 解禁まで 残り15日】

この記事を書いた人

谷次 賢也
谷次 賢也
1962年生まれ。松葉ガニ専門店  京都丹後 海鮮の匠 魚政の司令塔。 こだわり派向けの良品から、簡単に食べられる加工商品も開発し、幅広く取り扱い。蟹の他にも、海産物を通じて 地域発信! プロ アマ問わず 全国の本物志向のお客様に提供しています! 趣味は、美味しい魚や蟹を食べる事(笑)