うおけんブログ
ホーム > カテゴリ:蟹の知識編

保護区の続き 守り 育てる!

2018年09月25日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

この本は、2000年 平成12年に作られた本です。 この中に 昨日も紹介した篠田先生と藤本義一さんとの対談や、丹後観光キャンペーン協議会主催のパネルディルスカッションの記事や、もちろん松葉ガニの事も詳・・・続きを読む 保護区の続き 守り 育てる!

もっと見る

カニ業界の大恩人 篠田 正俊先生

2018年09月24日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

昨日のブログでも少し紹介しましたが、今のカニ業界があるのは、故 篠田 正俊先生の働きがあってこそ。 我々にとって 大恩人の先生です。 篠田先生は、元 京都府海洋センターの所長さん。 地元の出身ではあり・・・続きを読む カニ業界の大恩人 篠田 正俊先生

もっと見る

同じズワイガニでも 脚の長さが違う訳!

2018年09月23日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

上:カナダ産ズワイガニ 通称 冷凍ガニ 下:地元産ズワイガニ(松葉ガニ)通称 地ガニ また業界用語が出て来ますが、外国産(カナダ、ロシア産)のズワイガニは、単純に冷凍ガニ または、冷ガニ、冷凍など。 ・・・続きを読む 同じズワイガニでも 脚の長さが違う訳!

もっと見る

日帰りのカニについて 続き

2018年09月22日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

松葉ガニは、泥田と呼ばれる泥地に生息しています。泥田は、畑に例えるとよ肥えた畑なので、絶好の住場なのですが、如何せん 体内に泥を多く含んでいます。

 

もっと見る

日帰り漁のカニは、鮮度が違うの??

2018年09月21日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

京都府の小型底引網船のカニは、日帰り、または、夜中 操業して 昼前には帰港して セリにかけられます。 但馬の大型船は、あまり水揚げが無ければ 3~5日間ほど、沖で操業します。たくさん獲れれば帰港も早い・・・続きを読む 日帰り漁のカニは、鮮度が違うの??

もっと見る

松葉ガニの甲羅についている黒いブツブツは何?

2018年09月20日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

松葉ガニは、我々 業界用語では 立てガニ、堅ガニと言っています。 立ては、セリ場で並べ方でそう言われるようになったのかな? 堅ガニは、身入りの良くて 殻が固いからですね。 ちなみに脱皮し立ての、柔らか・・・続きを読む 松葉ガニの甲羅についている黒いブツブツは何?

もっと見る

松葉ガニに付いている タグは信用できるの?

2018年09月19日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

10数年前より 福井県の越前ガニから始まり、今では、日本海側で水揚げされる ほとんどのズワイガニには、タグが付けられるようになりました。 ズワイガニは、福井県では、越前ガニ。石川県では加能ガニ。山陰(・・・続きを読む 松葉ガニに付いている タグは信用できるの?

もっと見る

松葉ガニ解禁日まで ブログ50連発いきます! 

2018年09月18日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

昨日 松葉ガニ解禁まで50日となりましたと、ブログにアップしました。 解禁直後は、時間、心に余裕が無くなり、それならばと 解禁までの50日 毎日ブログアップすることにしました。 千本ノックは、無理でも・・・続きを読む 松葉ガニ解禁日まで ブログ50連発いきます! 

もっと見る

松葉ガニ 解禁まで あと50日となりました!

2018年09月17日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

夏が過ぎると 早くも松葉ガニの声が聞こえて来ます。 決して蟹が声を発する訳ではありませんが(笑) 9月も半ばになると、一気に 問い合わせが増えてきます。 調べて見ると 11月6日の解禁まで あと50日・・・続きを読む 松葉ガニ 解禁まで あと50日となりました!

もっと見る

大善ガニ 久しぶり

2018年02月18日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

先週 訳あって出られなかった 大善丸。 冬型の荒れ模様も重なり 2週間ぶりの漁でした。 大から小サイズまで、約200匹の水揚げ。 質も良いのが多く、いい買い仕入が出来ました^^ 京丹後市には、網野浅茂・・・続きを読む 大善ガニ 久しぶり

もっと見る