うおけんブログ
ホーム > 過去の記事

2018年9月

松葉ガニ漁は、東京タワーのてっぺんから、散らばった空き缶を獲るようなもの【松葉ガニ解禁まで あと37日】

2018年09月30日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

東京タワーは、ご存じのように高さは 333m。 最近は、スカイツリーばかりであまり名前を聞きませんが(笑) 333mというと、松葉ガニが生息している辺りが、水深300~400mなので、ちょうど高さと深・・・続きを読む 松葉ガニ漁は、東京タワーのてっぺんから、散らばった空き缶を獲るようなもの【松葉ガニ解禁まで あと37日】

もっと見る

松葉ガニ漁場は、様様な取り決めが! 【松葉ガニ解禁まで あと38日】

2018年09月29日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

店内の看板 漁港と漁場の関係図。 見ての通り、漁場から見れば、少し右か左の僅かな違いの港に帰るだけ。だから個人的には、港名なんか付けずに 松葉ガニに統一して欲しいと思っています。 カニや魚を獲るには、・・・続きを読む 松葉ガニ漁場は、様様な取り決めが! 【松葉ガニ解禁まで あと38日】

もっと見る

ズワイガニの水揚げ量 日本一 兵庫県なのです!【松葉ガニ解禁まで あと39日】

2018年09月28日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

画像 農林水産省「海面漁業生産統計調査」 平成24年より これは、都道府県別の水揚げ量の調査表です。新しい表を探していましたが、見つかりませんでした。しかし当時と数字的にはあまり変わりませんの参考にし・・・続きを読む ズワイガニの水揚げ量 日本一 兵庫県なのです!【松葉ガニ解禁まで あと39日】

もっと見る

奇跡の組み合わせが生んだ 松葉ガニ漁場! 【松葉ガニ解禁まで あと40日】

2018年09月27日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

何とか 10日連続続きました(笑) 松葉ガニが何故 この沖合に住んでいるのか? 何故 脚が長いのか? この数日のブログを読んでいただけると分かると思います。 たまたま土壌の良さと水温が、重なりあった海・・・続きを読む 奇跡の組み合わせが生んだ 松葉ガニ漁場! 【松葉ガニ解禁まで あと40日】

もっと見る

松葉ガニは、冷たい所でしか、生息できません!【松葉ガニ解禁まで あと41日】

2018年09月26日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

  ズワイガニは、冷たい水温(0~3度)の中でしか生活できないので、基本 北の冷たい海域に生息しています。 オホーツク海 ベーリング海など、かなり北の海という事が分かります。 北の海に比べれ・・・続きを読む 松葉ガニは、冷たい所でしか、生息できません!【松葉ガニ解禁まで あと41日】

もっと見る

保護区の続き 守り 育てる!【松葉ガニ解禁まで あと42日】

2018年09月25日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

この本は、2000年 平成12年に作られた本です。 この中に 昨日も紹介した篠田先生と藤本義一さんとの対談や、丹後観光キャンペーン協議会主催のパネルディルスカッションの記事や、もちろん松葉ガニの事も詳・・・続きを読む 保護区の続き 守り 育てる!【松葉ガニ解禁まで あと42日】

もっと見る

カニ業界の大恩人 篠田 正俊先生【松葉ガニ解禁まで あと43日】

2018年09月24日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

昨日のブログでも少し紹介しましたが、今のカニ業界があるのは、故 篠田 正俊先生の働きがあってこそ。 我々にとって 大恩人の先生です。 篠田先生は、元 京都府海洋センターの所長さん。 地元の出身ではあり・・・続きを読む カニ業界の大恩人 篠田 正俊先生【松葉ガニ解禁まで あと43日】

もっと見る

同じズワイガニでも 脚の長さが違う訳!【松葉ガニ解禁まで あと44日】

2018年09月23日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

上:カナダ産ズワイガニ 通称 冷凍ガニ 下:地元産ズワイガニ(松葉ガニ)通称 地ガニ また業界用語が出て来ますが、外国産(カナダ、ロシア産)のズワイガニは、単純に冷凍ガニ または、冷ガニ、冷凍など。 ・・・続きを読む 同じズワイガニでも 脚の長さが違う訳!【松葉ガニ解禁まで あと44日】

もっと見る

日帰りのカニについて 続き【松葉ガニ解禁まで あと45日】

2018年09月22日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

松葉ガニは、泥田と呼ばれる泥地に生息しています。泥田は、畑に例えるとよ肥えた畑なので、絶好の住場なのですが、如何せん 体内に泥を多く含んでいます。

 

もっと見る

日帰り漁のカニは、鮮度が違うの??【松葉ガニ解禁まで あと46日】

2018年09月21日 投稿者:谷次 賢也 コメント:(0)

京都府の小型底引網船のカニは、日帰り、または、夜中 操業して 昼前には帰港して セリにかけられます。 但馬の大型船は、あまり水揚げが無ければ 3~5日間ほど、沖で操業します。たくさん獲れれば帰港も早い・・・続きを読む 日帰り漁のカニは、鮮度が違うの??【松葉ガニ解禁まで あと46日】

もっと見る